とっても美味しいお米と大豆と黒豆をご紹介いたします

| コメント(0) | トラックバック(0)

121215komea.jpg


hitomi121215okometto.jpg
私の お友達の 農家さんで、日本一、美味しい お米「龍の瞳」と    そして、今回 皆様に ご紹介したい、「ハツシモ」「ミルキークイーン」という お米と大豆と黒豆を 育てています。我が家では ずっと 前から 送っていただき 食べさせてもらっています。そして 去年から 皆さんに ご紹介して 一緒に 送ってもらっています。みなさんからも とっても、喜んでいただけていて 去年は 120袋くらい 送っていただきました。今年の新米も 早速、先日  47袋 送っていただきました。(*^^*)大豆も 手作りの味噌作りのために、黒豆も お正月用に 皆さんの分も まとめて、送っていただきました。

121215komeb.jpg

今回は お歳暮の ご依頼もいただきましたので、のしを作成させていただき個別発送を させていただきました。送料代と 箱代は別途いただきます。お米は 「ハツシモ」「ミルキークイーン」ともに、玄米5キロ  2500円 (*^^*) 白米4・5キロ  2500円となります。「ミルキークイーン」の方が、 数が 少なくなっているそうです。欲しい方は、早めに お知らせ下さい。ちなみに、今年 最後の 入荷は 21日を 予定しています。食べてみたい方は 12月 19日までに、お知らせ下さい。054  369  2356 (株)望月商会

美味しいお米の紹介

 

匠の米 岐阜県産ハツシモ

 

 

全国で栽培されているお米のなかでも特に収穫時期が遅い品種です。

田植え適期は6月上旬ごろ、刈取り適期は10月下旬ごろです。

ハツシモ」という名前も、初霜の降るころに稔るところから

ネーミングされました。栽培する土壌・風土が比較的粘土質で

地力のある海抜の低い地帯に限られるので、主に岐阜県美濃地方にて

生産されています。生産量も少ないので幻の米とも言われているとか。

「ハツシモ」は国内産お米のなかで1,2争うほど大粒で中飴色を呈し、光沢も良く、収穫時期の夏場を迎えても食味の低下が少なくまた、ご飯は冷めてもおいしいのでお寿司にピッタリで「匠の米」とも愛称されています。

 

 

 

美味しいお米の紹介

ミルキークイーン

 

このお米は、農水省のスーパーライス計画の中で生まれたコシヒカリの突然異変による

低アミロース米です。コシヒカリと形態的・生態的特性、栽培特性などが全く同じです。

アミロース含量は10%~12%と少ないので、炊くとモチモチした食感になるのです。

ミルキークイーンは、もち米のように粘りが強く、冷めても硬くなりにくいという特徴があります。一般のお米に混ぜるとご飯に粘りが出て美味しくなります。冷めても硬くなりにくくモチモチ感があるので、お弁当やおにぎりなどに向いています。ミルキークイーンの名前の由来は、玄米が半透明なのでお米の表面が乳白色に見えることから名付けられたと言われています。炊飯時には、お水の量を普段より5~10%少なめがオススメです。

 

「ハツシモ」「ミルキークイーン」どちらも通常3000円から4800円位で販売されている美味しいお米

玄米5キロ特別価格2500円 精米したお米4.5キロ特別価格2500円

手作り味噌仕上がり5キロ用の「大豆」1.2キロで600円

「黒豆」500グラム600円

送料は別途いただきます。

 

 

                                    ㈱望月商会

                            静岡県内フリーダイヤル 0120-69-2356

                                     FAX 054-369-4671


 

 

 

 



 

 
 
 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.mochizuki-shoukai.com/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする

homepage_bnr.gif

カテゴリ

ウェブページ