伝達式会場について

| コメント(0) | トラックバック(0)

叙勲・褒章は申請が通って内定しますと内示で伝達式の場所、日時が知らされます。

勲章を伝達式で頂いて、皇居に行き、天皇陛下に拝謁するのは同じですが、

各関係団体、各省庁別に集合場所は様々です。

今頃になると日程が決まり、受章者に連絡が入ります。

拝謁の日程も春、秋とも五日間用意されています。

拝謁の部屋は豊明殿あるいは春秋の間となっていて、

拝謁時間は15時30分と16時50分の二回に分かれています。

代表的なところで

総務省 自治関係、厚生労働省関係は 県庁にて伝達式、後日都道府県会館に集合して拝謁

文部科学省関係は 国立劇場にて伝達式、続いて皇居拝謁

警察庁は 県警本部にて伝達式、後日 東京ドームプリズムホールに集合して拝謁

消防庁は 県庁にて伝達式、後日 総務省講堂に集合して拝謁

航空自衛隊は グランドヒル市ヶ谷(市ヶ谷会館)に集合、伝達式の後に拝謁

等です。(静岡県の場合です。変更する場合もございます)

同じ省庁でも管轄によってスケジュールが異なる場合があります。


当社ではいつも東京にて受章者を集合場所にご案内していますので、

前泊のホテルや着付け、写真撮影の場所についても最適な所を提案させて頂きます。

日程と場所が決まりましたらどうぞ当社にご相談下さい。→0120-69-2356

290328toupuri.jpg
東京プリンスホテル 平成27年秋 総務省、国土交通省、経済産業省等の伝達式が行われました。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.mochizuki-shoukai.com/mt/mt-tb.cgi/260

コメントする

homepage_bnr.gif

カテゴリ

ウェブページ