叙勲額、褒章額の選び方

| コメント(0) | トラックバック(0)

010927褒章額.jpg

勲章、褒章をいただくと、勲章褒章は桐箱に入って、勲記、褒章の記は筒に入れて持ち帰りますので額に入れる必要があります。

専用の額は色々あるので、どうしようか?迷うことになります。

メダルはとても丁寧に、きれいに作ってありますし、証書はとても大きく特漉の良い紙を使って立派に作ってあります。

 

両方入る額ですとヨコが約90㎝、縦が約60㎝ととても大きく、額のつくりで質感、重みが全く変わってしまいます。

いつも使っているものや、想像がつくものでしたらいいのですが、

なんといってもカタログや画像ではよくわからないのが現実です。通販ではよほどではない限り返品することは先ずできません。

当社では、担当が実物を持ってご自宅に伺い、飾るところに合わせて額選びをすることが出来ます。

また、貸衣装内覧会の時と東京にて伝達式期間中に叙勲展示場にて額を飾りますのでその時によくご覧いただくことが出来ます。

是非信用あるところで実物をご覧になってお決めになることをお勧めします。

取り付けはサービスで行います。額立て無料貸し出しもあります。

望月商会 電話0120-69-2356へ

 

010927ふちアップ.jpg

しっかりした額では厚みがあり、立体構造になっています。貼ってある緞子、面金の質も色々になります。

010927gakufuti1.jpg

桜材の削り出しから作られる縁は重厚できれいなアールで仕上げてあります。接合部も全くなめらかです。

010927huti.jpg

何回も下塗りした上に磨きをかけて仕上げた縁は鏡面のように滑らかで、木目が透けてきれいです。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.mochizuki-shoukai.com/mt/mt-tb.cgi/398

コメントする

homepage_bnr.gif

カテゴリ

ウェブページ